カーブス 効果

カーブス 効果018

カーブス 効果

TOP PAGE >

□0019

ダイエットには無理をするのではなく続けることに注力するのがいいでしょう。



痩せてもすぐに太っては意味がありません。

まず、書き込めるカレンダーを用意し目標を書きます。2キロ痩せるくらいの目標がちょうどいいかと思います。
それから夕飯のお米はお茶碗半分に減らしましょう。そして30分ほど歩くようにしましょう。

これを週3日頑張ります。週末には体重計に乗り、その結果をカレンダーにメモします。

多くを期待せず少しづつ減らしていくのが、長く続ける秘訣です。


ダイエットで一番効果的だったのは、ウォーキングです。歩くという無理のない運動を続けて代謝をよくし、汗をかくことが、体重がみるみる減り効率の良いダイエットができました。
一番多い時よりも体重が5キロ落ちました。
食事制限についてはストレスを感じてしまい私はできませんでした。歩く事によって身体を動かすダイエットがいいと思います。

ぜひお試しあれ。


ダイエットは無理をせず続けていくことが必要です。



なにより、食事と運動のバランスです。
気をつけたいのは特に食事でしょう。


あまりにも隔った食事をすると、むしろ、その反動がきてしまい好物に手を出してしまうことが起きるので、リバウンドする事にもなりかねません。お肌にも悪いです。
炭水化物を少なめにするとか、肉ではなく魚に変更するとか。

高タンパク+低カロリーはダイエットには必須ともいえるでしょう。正しいダイエットをするコツとして、決して無理をしないことが挙げられます。多くの場合、何かを極端に制限したり、一つのことばかりをやるすぎてしまう傾向にあるため、そうするとリバウンドしてしまう大きな原因となります。

一回リバウンドをしてしまうと、ダイエットに対するやる気が減少したり、自分に自信がなくなりますので気軽に毎日続けられるような、ダイエットをすることが重要です。ダイエットで失敗しないためには、自分でさえもダイエットをしている最中であるということに気づかないですむくらいの、簡素なものにすること、大変だと思わないもの、続けられるものであることが重要だと考えます。
私がやってみているのは、簡単なグルテン抜きです。
きっぱりとしたグルテンフリーはかなりつらいです。

私は、小麦粉製を主食にはしないだけなので、効果は薄いですが、持続可能です。
さらに1つ実行しているのが、食事はまず野菜から摂取することです。
これは食べる順番を変更するだけで、それ以外は制限していないので非常に簡単で、持続可能です。

うまくダイエットするためにはどんなことでも偏りがあってはいけません。まともに食べず、運動を疎かにするなどでは一時的には痩せたとしてもリバウンドする可能性があります。

炭水化物は少なめに、タンパク質をとったりビタミンを多く含む野菜を食べる等、身体に必要な栄養を食事で取り入れた上で習慣的に運動をすることでリバウンドに陥りにくい体を作ることが可能だと思います。


一言でダイエットと言っても、多様なやり方があります。体を温めて代謝をあげる方法はその中でも、よく美容にもオススメです。

なるべく体が冷えるものは避けて体を温める食品や飲み物をとる、お風呂もシャワーでなく湯船に浸かるなど、ちょっとした工夫を日常生活の中でできると思います。特に朝起きたらコップ1杯の白湯はとてもいいと言います。



まずは些細なことから始めてみませんか。

ダイエットの成功に必要なのは、お腹の調子をきちんと整えることだと思われます。
即ち、腸内に食べ物が留まる時間が長いほど体はそれを吸収しようと働くように思います。

食事をしなければ当然痩せますが、排便もなくなります。
食べることで摂れない栄養を腸内のものから吸収しようとするからだと思います。
なので、お腹の環境を正し、スムーズな排泄が毎日なされれば、自然にダイエットになると思います。

□メニュー





□メニュー


Copyright (C) 2014 カーブス 効果018 All Rights Reserved.
top